小沢が寛ぐ茨城女性(AERA)

 小沢一郎幹事長と会う約束を取りつけるのは、鳩山由紀夫首相でさえも大変だ。その小沢氏に毎週のように会っている、政界の有名女性がいる。 茨城県つくば市で介護サービス業を営む畑静枝さん(68)だ。 国会議...

記者会見オープン化調査への疑問(ビデオニュース・ドットコム)

 原口一博総務相が3月30日に発表した、行政省庁の記者会見の開放状況についての調査結果は、実際には記者会見を記者クラブに加盟していないメディアには開放していない省庁の評価がAになるなど、実態とはかけ離...

密約は本当に必要だったのか(ビデオニュース・ドットコム)

 これこそが政権交代の最大の成果なのかもしれない。岡田外相は、自らの肝いりで立ち上げた日米密約に関する有識者委員会が、核の持ち込み、朝鮮有事における日本からの米軍の自由出撃、沖縄返還時の原状回復費の肩...

政界再編含みで、政局は五月「最大のヤマ場」へ(フォーサイト)

 二月二十六日、公明党の支持母体である創価学会の秋谷栄之助最高指導会議議長が民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と東京・紀尾井町のホテルニューオータニで会談した。 会談は秘密裏に開催されたかのよ...

「強く豊かな市民社会を考える対話集会」 報告 / 後半(言論NPO)

 対話集会の後半では、会場を含めて、非営利組織や市民社会のあり方について様々な角度から議論が行われました。  工藤は、会場に対して、「今日はNPO・NGO以外の人たちも大勢参加している。そうした方々が...

「強く豊かな市民社会を考える対話集会」 報告 / 前半(言論NPO)

 検討会のメンバーからは、片山信彦氏(認定NPO法人・ワールドビジョンジャパン常務理事・事務局長)、加藤志保氏(認定NPO法人 チャイルドライン支援センター事務局長)関尚士氏(社団法人 シャンティ国際...

「エクセレントNPO」評価基準発表 記者会見 報告(言論NPO)

 記者会見には、非営利組織評価基準検討会のメンバーである田中弥生氏(大学評価・学位授与機構準教授)、片山信彦氏(ワールド・ビジョン・ジャパン常務理事・事務局長)、堀江良彰氏(難民を助ける会事務局長)、...

― 鳩山政権の半年を考える― マニフェスト型の政治は実現したのか / 第4話:本当の「政治主導」とは何か(言論NPO)

武藤 私は「政治主導」はもちろん賛成ですが、行政と政治の関係をどう考えるかということについて、民主党はまだきちんとした解を出していないと思います。行政にも独自の仕事があるのであり、政治主導で、行政を全...

― 鳩山政権の半年を考える― マニフェスト型の政治は実現したのか / 第3話:「権力の暴走」に自制は働かないのか(言論NPO)

増田 例えば政策の是非は別にして、高速道路を無料化にするかどうか、ということは政治家がやらなければいけない。マニフェストでそういうことを問うべきだと思います。つまり大きな政策判断は政治家が行う。一方で...

「遅れてきた実力者」仙谷大臣が虎視眈々と狙う総理のイス(週刊文春)

「新党『たちあがれ日本』は、敬老会青年部」「学生時代の『代返』と、国会議員の代理投票は違います」。政界で「事件」があるたび、とぼけた言葉で寸評するのが仙谷由人国家戦略担当相(64)だ。郵貯の預入限度額...